在庫連動の通知メール(新商品・残りわずか・再入荷・お値下げ)のやり方

アパレルや食品、総合通販などたくさんのカテゴリ、商品数を扱うECサイトの場合、在庫連動の通知メールは非常に有効なリピート施策になります。
先進的なCRM施策ができている企業、例えばAmazonやzozoタウン、メルカリなどではあたりまえの施策ですが、
自社ECサイトで実現できているところはまだごく一部のようです。
なぜかというとシンプルそうに思える施策でも意外と容易すべきデータやその取得方法、配信制御の仕方など考慮すべきディティールが多いためです。
今回の記事ではそういった在庫連動通知メールの具体的なやり方を少しご紹介します。

必要データの準備

施策を実現するのにまず必要なのはデータです。
在庫連動の通知メールの場合、利用するデータは主に商品マスタの在庫数ですが、それ以外に通知を制御するために商品の販売期間や表示期間の情報もあるとより精度の高い施策にできます。
また、顧客が商品をお気に入り登録した場合の情報もあると、顧客がお気に入り登録した商品の通知だけ送れるので無駄がなくなります。(顧客が必要としない通知を防ぐことができます)
さらには顧客の商品閲覧データもあると、何度も閲覧したり長時間閲覧した商品を特定できるので、施策の精度を高めることができます。つまりより買いそうな顧客を狙って配信できるということです。

なお、どこまでのデータを利用するかは検討が必要なポイントです。
施策の精度と配信母数はトレードオフなので、あまり母数が減ってしまう場合は売上効果が小さくなってしまうので注意が必要です。
施策実施にかかる工数やデータ連携費用と期待できる効果の両方で費用対効果を考えつつ取り組みましょう。

新商品通知メール

頻繁に新商品の追加があるECには有効な施策です。
顧客ごとにどのカテゴリに興味があるかの情報をもっておけば、そのカテゴリに新着商品があった場合に自動通知を出すことで売上につなげることができます。
ただし在庫が少なく販売と同時にすぐ売り切れてしまうような商品の場合は除外しておくよう注意が必要です。
また、新商品の通知メールやその他の自動通知メールが並行して走っている場合、それぞれのシナリオが重複しないよう
シナリオに優先順位を決めて重複配信されないよう注意が必要です。
きめ細かい配慮をすることで顧客のノイズにならず売上効果の高いシナリオにすることができます。

残りわずか通知メール

顧客がお気に入り登録したり、もしくは何度も閲覧していたり、長時間閲覧したけれども購入に至らなかった商品の在庫が残りわずかになったら自動通知を流す施策です。
気になる商品、購入を迷っている商品が「残りわずか」と聞くと動く顧客は非常に多いので、値引きなどのインセンティブなしで顧客の背中を押すのに有効な施策です。
では、残りわずかをどのように判別するかですが、商品の在庫数が一定の閾値を超えた場合に自動配信されるよう設定するのが最もシンプルなやり方です。
もしくは直近の売れ行きをもとに完売時期を予測して、完売すると思われる日に自動配信するような制御も有効です。(アクションリンクではそういった制御も簡単にできます)
1日1個しか売れない商品が残り5個になっても残りわずかとは言いづらいので、こちらの方がより精度の高い施策になります。

再入荷通知メール

顧客が気になっていたけれども購入にいたらず完売してしまった商品が再入荷したタイミングで自動通知される施策です。
顧客の目線で考えれば容易にご想像いただけるように、再入荷通知メールも非常に効果の高い施策です。

こういった通知を手作業で行うと、どうしても一斉配信で行う形になってしまい必要な顧客にダイレクトにリーチできないので効果が下がってしまいます。
自動化をすることで業務を削減しつつ、より効果的な施策にすることができます。
どの顧客がどの商品を気になっているか、お気に入り登録情報や閲覧履歴情報によって判別し、商品マスタで再入荷を検知して自動化することができます。

お値下げ通知メール

顧客が気になっているけれども購入にいたっていない商品が値下げされた場合に自動通知される施策です。
こちらも残りわずか通知や再入荷と同様に、商品のお気に入り登録の状況や閲覧情報などをもとに興味度を測り、値下げされたタイミングをトリガーにして自動配信します。
その商品に興味を持っている顧客をピンポイントで狙ってお知らせしますので、非常に高い確率で購入にいたります。
一斉配信メルマガでは無駄な配信が増えたり見逃す顧客が出てきますがターゲットを絞ることで開封や購入を最大化することができます。

在庫連動によって可能となる施策をいくつかご紹介しましたが、貴社のECサイトでは実現できていますでしょうか。
今回はメールを例にしましたがLINEで行うことも可能です。
すぐに見てもらいたいような即時性を求められる情報であればLINEでの配信も検討しましょう。

在庫連動通知は非常に効果的なので、すぐにでも実現しておきたい施策です。
もしまだ出来ていないようであれば、アクションリンクを利用することによってこういった複雑な制御をした自動施策も簡単に実現できますのでぜひご活用いただければと思います。

その他の導入事例

関連記事一覧

Top

ホワイトペーパーのご紹介
CRMでお困りの方はぜひお役立てください。

CRMホワイトペーパー